トップ

不動産賃貸を借りる際の注意

不動産賃貸について

明確

不動産賃借時の敷金とは

不動産を借りる時に支払う敷金は賃貸借契約が終了する迄、家主に予め預けるお金の事です。賃借物件を誤って損傷してしまい、それを原状復帰する補修費等の損害賠償金や、家賃を借家人が滞納して賃貸借契約通り支払わなかったりした場合、未払いの家賃を清算・補填するために契約終了時に清算する時等に使用されます。無論、この様な事が何も無ければ契約終了時に全額借主に返済されるお金です。一ヵ月の家賃に対して2〜3ヶ月分預けるケースが一般的です。この様な本来の性格を逸脱して賃借不動産の経年劣化等の補修に充当・清算する等によりトラブルになる事もありますので、その様な場合は宅地建物取引業協会等に相談しましょう。

業界用語の敷金について

賃貸の不動産物件に入居をする際には、その初期費用としてさまざまな名目のお金が必要になります。特に敷金については賃貸の物件に入居をするときには必ず必要となってきます。その理由は、万が一、入居者が家賃を支払えない状況になってしまったときのための一種の担保の役割を果たしているからです。しかし、敷金というものは前述したようにあくまでも家賃の担保として支払っているものなので、賃貸の不動産物件を退去する際には全額とは行きませんが返還されることになっています。原状回復のために費やした費用を差し引いたお金が戻ってくることになるのです。

↑PAGE TOP